2012年1月16日月曜日

1月16日 昨年の今日は・・・

昨年の今日は「格納庫」の工事着工日でした.3月に完成した格納庫のお陰で,運航に関するストレスは格段に解消され,思う存分にヘリが有効活用可能になっています.今日もそんな1日.




本日のドクターヘリは9件出動(現場7件,施設間搬送2件),ドクターカーは3件出動です.では,ヘリ事案を振り返ってみます.


☆ドクターヘリ1〜3件目(重複,連続出動)
朝一番からのヘリ要請で始まった本日の勤務.3連続要請・出動です.

出動!(参考動画)
こんな感じで出動します.
video

1件目(覚知同時要請)
要請キーワード:呼びかけ反応なし

死後硬直のため離陸後キャンセル

ランデブーポイントに着陸し,支援車で現場への移動中にキャンセルです.医師の現場投入,早期医療介入不要時のキャンセルは大歓迎.まずはヘリ・カー要請する体制の確立が大切なのです.もし,早期医療介入が必要であった場合,時間的にも非常に適切な要請です.

2件目(覚知同時要請)
要請キーワード:呼びかけ反応なし
推定医療介入短縮時間:15〜20分

ヘリが1件目対応中の要請です.まずはドクターカーを出動させ,ヘリ,カーどちらか早い方が医療介入する作戦をとります.1件目がキャンセルであったため,ヘリはそのまま2件目へ早々に離陸です.重複要請のため,時間的なズレが生じたためランデブーポイントの変更です.近隣同士の消防本部が協力しあって,急なランデブーポイントの変更にも対応してくれます.ありがとうございます.この時点でカーはキャンセル,ヘリが早期医療介入を果たします.本日のフライトドクター永嶋先生とフライトナース米田看護師が救急車に同乗し,直近の病院へ搬送です.もう一人のフライトドクター小林は別事案要請時に備え,永嶋先生,米田看護師の帰りを待ちながらランデブーポイント待機・・・


3件目(施設間搬送)

2件目の救急車搬送中に施設間搬送の依頼です.2件目の搬送先病院からTECCMCへの紹介.タイミング良く,永嶋先生がそのまま申し送りを受け,救急車同乗でランデブーポイントへ.そしてそのままTECCMCへ.重複事案の連続でしたが,幸いにも誰も置き去りにされることなくミッション遂行です.

☆ドクターヘリ4件目(覚知同時要請)
要請キーワード:呼吸困難
推定医療介入短縮時間:30分

ランデブーポイントでドッキング.滞在時間も10分以内に搬送です.要請のタイミング,内容,時間的に全く問題ないミッションです.我々も消防も良い意味で熟れてきました.

☆ドクターヘリ5件目(覚知同時要請)
要請キーワード:縊頸
推定医療介入短縮時間:45分以上


ランデブーポイントでドッキング.救急車内で気管挿管,ルート確保しALS継続しつつTECCMCへヘリ搬送です.機内の胸骨圧迫は工夫を要します.



☆ドクターヘリ6件目(覚知同時要請・ヘリ先着)
要請キーワード:転倒,意識朦朧
推定医療介入短縮時間:1時間30分

本日もスキー場事案に出動です.ヘリが先着,スキーパトロールの方に安全確認をしていただき着陸です.


ヘリ機内から酸素,バックボード,ネックカラー,トーマスバック,エコーを持ち出し,現場へ.幸いABCDは問題ありません.外傷初期診療が完了したところで,到着した救急隊に協力いただき車内収容.ヘリの着陸地点までちょっとの距離ですが搬送し機内収容.外傷はTECCMCで精査です.

救急隊,支援隊,スキーパトロールの方々など,沢山の関係者の皆様にお世話になります.この場をお借りして,感謝申し上げます.

☆ドクターヘリ7件目(覚知同時要請)
要請キーワード:四肢のしびれ(脳卒中疑い)

血栓溶解療法適応を考えた覚知同時要請です.幸いにも救急隊現着後,軽症を確認されキャンセルです.

☆ドクターヘリ8件目(覚知同時要請)
要請キーワード:生き埋め
推定医療介入短縮時間:1時間以上

工事現場での生き埋め事案.クラッシュ症候群も念頭に置くべき状況です.救急隊の情報では,幸いにも初期評価は問題無さそうとのこと.しかしまだ救出中.クラッシュ症候群であれば,救出前あるいは救出直後からの医療介入・薬剤投与が必要になります.早期医療介入の絶対適応と考え,ドクターヘリは現場直近の農道に着陸,医療スタッフはヘルメット着用の上,資機材を担いで現場までいつもの如くダッシュ!!




我々が現着した直後に救出完了.外傷初期診療を行いつつ,閉じ込められていた時間と土の重さなどを考慮し,輸液,メイロンの投与を開始です.幸いにも状態の急変はありません.ヘリでTECCMC搬送です.

☆ドクターヘリ9件目(施設間搬送)
TECCMCへの紹介搬送です.呼吸,循環管理を機内で開始.さながら空飛ぶICU.High PEEPの必要性,診断など,早期から救急医が関わることで,患者さんの状態が安定します.


ドクターヘリ,ドクターカーを有効活用することが,地域の救急医療,地域医療にとってどれだけ有効か日々実感しております.これも地域の消防,病院の先生方のご理解,ご協力の賜であります.この地域に住んでて良かったと思っていただけるよう,日々邁進したいと思います.本日もありがとうございました.


本日のおまけ画像です.お楽しみ(?)ください^^

但馬名物 朝霧.
今日はいつもより少な目.

 冬の日本海の荒波.
演歌の世界・・・^^;

 漁港も大切なランデブーポイント.

 山は雪化粧.
天候が安定していると綺麗な景色ですが・・・

本日のヘリ番は・・・
小林センター長

永嶋先生

 米田看護師

 支援車で現場へ移動中!


病院前救急診療の1コマを紹介しました.


病院前救急診療,初療(ER含む),根治的治療(手術など),集中治療,病棟管理,follow外来の一貫した救命救急医療,そして楽しく充実したアフター5を研修,研鑽したいと思われる医師,看護師をお待ちしています.一緒に学び,実践しましょう!