2012年1月28日土曜日

1月28日 ヘリとカーのランデブー

相変わらずの空模様です.ドクターヘリは天候を気にしながらの運航,ドクターカーは天候はまったく気にせず運行.手段はなんであれ,病院前救急診療が迅速に提供出来る体制が大切なのです.


本日のドクターヘリは2件出動(天候回復のわずかな隙をついて出動!),ドクターカーは6件出動です.全てがキーワードによる覚知同時要請.ヘリが天候不良で出動出来なければカーで出動です.そんなミッションの中,日常的に行われているヘリ&カーのコラボレーション事案です・・・


覚知内容:突然の頭痛,嘔吐
キーワード方式によるヘリ覚知同時要請

ドクターヘリは岡先生,岡本先生,藤巻看護師を搭乗し離陸です.しかし,途中天候不良にてランデブーポイントへ到達出来ないと判断,帰投の決断をします.しかし,このような事態を見越してドクターカーもほぼ同時に出動しています.ドクターカーは途中の空模様も確認しつつ救急車のドッキングポイントへ到着.患者さんの状況を聞くと早期搬送が優先される病態と判断します.ドクターカー担当の小林センター長はドクターカードッキングポイント近くまでなら霧もなく,晴れ間も見えていることからヘリへの引き継ぎ可能と判断,消防本部に再度のヘリ要請をお願いします.程なく救急車とドクターカーはドッキング.やはり早期搬送,安定したヘリ搬送が最善のようです.医療介入しつつヘリのランデブーポイントへ.そして,数分後にヘリスタッフへ患者さんを引き継ぎTECCMCへ向け搬送です.

医療介入短縮時間は約30〜40分.陸と空,使えるものを有効に使う,そうすることでより良い救急医療が提供可能になると考えます.ドクターカーからドクターヘリへ引き継ぎ・・・離陸を見送ります.

video


ドクターヘリ,ドクターカーと充実した病院前救急診療を学びたい,実践したい医師,看護師の方は teccmc@gmail.com までご連絡下さい!もちろん,ER(初療),手術,集中治療,災害医療なども実践,研修可能です!!熱い気持ちがあれば,明日からでもTECCMCの一員になれますよ^^