2011年2月1日火曜日

2月1日 ドクターヘリの威力

ICUの重症度も上がり,毎日のベッドコントロールに頭を悩ましております.まあ,何とかなるでしょう.

久しぶりの高気圧に覆われ,ヘリの運航に問題なし.本日は小林,松井先生,安積看護師が担当です.

☆ドクターヘリ1件目 墜落外傷

朝の点検中に要請です.朝は人の動きがあるため,事故も多い傾向にあります.資機材の積み込み,点検を早々に終え,JA822Hドクターヘリは久しぶりの現場に飛び立ちます.

「高所からの墜落.意識なし.」との情報,覚知同時要請です.神鍋高原の雪景色を眼下にらデブーポイントへ向かいます.10分程度でランデブーポイント上空へ到着,除雪も万全で安全に着陸します.

video

現場は数分のところ.すでに現場出発した救急隊をしばし待つことになります.


ほどなく救急車到着.松井先生と救急車内に乗り込み外傷初期診療を開始です.ABCはOK.しかし,頭部に外傷があり,意識レベルは清明ではありません.頭部外傷.TECCMCの絶対適応です.速やかにヘリへ患者さんを乗せ替え,ドクターヘリは細かな雪を舞い上げながら離陸します.

primary surveyは機内でクリア出来ています.いつも通り,ヘリポートからCT室へ.外傷プロトコールでのtrauma CT.やはり予想通りの結果.陸送であれば1時間はかかるでしょう.やはりヘリは医療介入開始も搬送時間も「早い!」.これが最大の威力です.

☆ドクターヘリ2件目 施設間搬送(大動脈解離)

施設間搬送の依頼です.非常に緊急度の高い患者さんです.時間との勝負.要請に書類書きも面倒な手続きも必要のないドクターヘリ.こんな場面でもお役に立てます.

無事,患者さんを引き継ぎ搬送させていただきました.山陽側のランデブーポイントでは旧知の救命士さんたちが搬送,支援におられました.「顔の見える関係」は良いものですね.


☆ドクターヘリ3件目 離陸後キャンセル

救急覚知同時要請です.「乗用車の横転事故.閉じ込めあり.」との情報です.機内では医療スタッフの安全について確認,現場投入も視野にいれ準備を行います.現場上空付近に到着.すると,「傷病者自力歩行可能.観察上も問題なくヘリキャンセル.」とも連絡です.大事に至らず良かったですね.覚知同時要請がさらに徹底されてきました.病院前救急医療が浸透したすばらしき地域です.



天候に悩まされない日は現場も我々もストレスがありません.本日もお疲れ様でした.